九州のヤモリ  -Gekko-

 九州本土には現在5種のヤモリの分布が確認されており、その全てがGekko属(ヤモリ属・コバンヤモリ属)に分類されている。
ニホンヤモリ長崎
ニホンヤモリ長崎
ニホンヤモリ長崎

ニホンヤモリ

 Gekko japonicus (Dumeril et Bibron, 1836)

​ 九州本土全域に分布し、海岸域から森林域まで広く生息している。海岸域ではニシヤモリと棲み分けしていると考えられるが、明確な基準は不明である。ニシヤモリのいない海岸には進出しているが、いる環境では海岸林までに留まっている印象を受ける。
ニシヤモリ
ニシヤモリ
ニシヤモリ

press to zoom
ニシヤモリ
ニシヤモリ

press to zoom
ニシヤモリ
ニシヤモリ

press to zoom
ニシヤモリ
ニシヤモリ

press to zoom
1/7
ニシヤモリ幼体

ニシヤモリ

 Gekko sp.

​ 九州西部に分布し、海岸域の岩場に局所的に生息している。言わずと知れた国産未記載ヤモリの一種だが、分布が分布のためちゃんと観察している両爬屋は少ない。
 フナムシをメインに捕食しているとも言われているが、実際の環境ではクモ類や直翅類、網翅類と様々な餌生物が見られたため色々食べていると思われる。飼育下でも一般的な餌昆虫はなんでも食べる。
・尾の基部左右に一対の大型鱗(側肛疣)を持つ
・腹面が黄色味を帯びる
・大型個体は13 cmほどにもなり国産ヤモリ最大級種 
ニシヤモリ海岸
ニシヤモリ海岸
ニシヤモリ海岸
タワヤモリ大分
タワヤモリ大分
タワヤモリ大分

タワヤモリ

 Gekko tawaensis Okada, 1956

​ 九州では東部に分布し、海岸沿いから山地の岩場に生息している。体色を大きく変化させるため、興奮時は美しい黒と金のコントラストが浮き出る。
・尾の基部左右に一対の大型鱗(側肛疣)を持つ
・背部や四肢に大型鱗が存在しない
・興奮時には黒と黄の発色が強くなる
タワヤモリ幼体
タワヤモリ壁
​ 法面などの人工物でも多数見ることができるが、ニホンヤモリの勢力が強いと圧される。排水穴にて多数の卵を確認できている。
phonto 20.JPG
phonto 22.JPG

ヤクヤモリ

 Gekko yakuensis Matsui et Okada, 1968

​ 九州の南部に分布し、海岸林の人工物に多産する。国産Gekko属の中でも最も大きくなる。
・尾の基部左右に一対の大型鱗(側肛疣)を持つ
・背部に大型鱗が存在するものの、四肢にはない
・全体的に黄色味があり、腹面に黒斑を持つ
​ 樹木より人工物を好むようで、海岸沿いのバス停や小屋等をチェックすると見れる。ミナミヤモリと混在していると種判別が非常に厄介。大きな個体しか自信を持てなくなる。
phonto 21.JPG
phonto 25.JPG
phonto 23.JPG
phonto 24.JPG

ミナミヤモリ

 Gekko hokouensis Pope, 1928

​ 九州の南部や上五島、屋久島に移入し、海岸林からある程度の内陸まで分布する。もともと日本では南西諸島に分布していたが、本土や離島の温暖な地域に進出しつつある。
・尾の基部左右に一対の大型鱗(側肛疣)を持つ
・背部に大型鱗が存在するものの、四肢にはない
・背面に脊柱のような模様が出やすい
​・クリーム色が多いものの、黄色味も個体差で出る