東京都の爬虫類

 日本の首都である東京都には、意外にも多くの爬虫類種が分布している。ここでは私が観察することのできた種を紹介していきたいと思う。
ニホンヤモリ Gekko japonicus
ニホンヤモリ Gekko japonicus
撮影:港区
 街中でもよく見られ、都心の爬虫類癒し担当。
​草木のある公園や、公園に隣接する建物に多く見られる。
ミナミヤモリ Gekko hokouensis
ミナミヤモリ Gekko hokouensis
撮影:八丈町
​ 八丈島に南西諸島から移入し、殖えている。海岸の岩場や内陸の人工物などでよく見られた。
ホオグロヤモリ Hemidactylus frenatus
ホオグロヤモリ Hemidactylus frenatus
撮影:小笠原村
​小笠原諸島に移入し、殖えている。キュキュキュッと鳴き声が壁からしたら正体はこのヤモリ。
オガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris
オガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris
撮影:小笠原村
​オガサワラヤモリなのに小笠原諸島の個体群は移入。単為生殖で殖える。とても可愛い。
ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
撮影:あきる野市
​スベスベしていないタイプのトカゲ。尻尾が長い。23区内でも緑地では普通に見られる。
ヒガシニホントカゲ Plestiodon finitimus
ヒガシニホントカゲ Plestiodon finitimus
撮影:羽村市
​スベスベしているトカゲ。スキンク。広い環境が必要で、都市部では限られた場所でしか見ることができない。
オカダトカゲ Plestiodon latiscutatus
オカダトカゲ Plestiodon latiscutatus
撮影:大島町
​伊豆半島から伊豆諸島に広く分布している。ニホントカゲとの形態での種判別は難しい。
オガサワラトカゲ Cryptoblepharus nigropunctatus
オガサワラトカゲ Cryptoblepharus nigropunctatus
撮影:小笠原村
​小笠原諸島固有の瞼がないトカゲ。父島では数が減っており、見つけるのに苦労した。
グリーンアノール Anolis carolinensis
グリーンアノール Anolis carolinensis
撮影:小笠原村
​小笠原諸島に移入し、貴重な海洋島生態系を荒らしまくっている特定外来生物。緑から茶へ大きく色彩を変化させる。
アオダイショウ Elaphe climacophora
アオダイショウ Elaphe climacophora
撮影:あきる野市
​本土で最も普通に見られる種で、東京本土どこでも探せば見つかる。
カラスヘビ 伊豆大島
カラスヘビ Elaphe quadrivirgata
撮影:大島町
​シマヘビの黒化個体(メラニスティック)。伊豆大島のシマヘビは黒化型が優先している。(普通色彩いない説)
ヤマカガシ 東京
ヤマカガシ Rhabdophis tigrinus
撮影:八王子市
​ 自然の残った川沿いや田んぼでよく見られる。体色の地域差個体差が多様。東京のは赤いよく知られてる模様。
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White YouTube Icon
ヒバカリ Hebius vibakari
ヒバカリ Hebius vibakari
撮影:八王子市
​ 山や小河川、湿地でよく見られる。穏やかで可愛い。いくつかの環境条件を満たしていれば都心三区でも見られる。
ニホンマムシ Gloydius blomhoffii
ニホンマムシ Gloydius blomhoffii
撮影:八王子市
​ 自然が残っていないと意外と見れないヘビである。まむし注意の看板があっても全然見つからなかった。
ジムグリ Euprepiophis conspicillatus 東京
ジムグリ Euprepiophis conspicillatus
撮影:奥多摩町
​ 春秋に見ることができるヘビ。幼体は綺麗な赤模様だが、成長すると茶一色になる。なかなか会えない。
タカチホヘビ Achalinus spinalis 東京
タカチホヘビ Achalinus spinalis
撮影:八王子市
​ 珍しいが、いるところにはいる。幼体は黒紫色でとても美しいだけでなく、光を虹色に反射してさらに美しい。
IMG_5124.JPG
シロマダラ Dinodon orientale
撮影:八王子市
​ 珍しいが、コツをつかめばそれなりに見れるらしい。成長に伴い、白部分は茶色味を帯びる。爬虫類食。
ブラーミニメクラヘビ
ブラーミニメクラヘビ Indotyphlops braminus
確認:八丈町
​ 八丈島や小笠原諸島で確認されている。ミミズのような姿だが、動きは蛇。夜間は意外と活動的で昆虫食。
 ちなみに、私の元拠点である都心三区では(~2018年)
アオダイショウ・ヒバカリ・ニホンカナヘビ・ヒガシニホントカゲ・ニホンヤモリ・クサガメ・ミシシッピアカミミガメ
​を見ることができた。まだ他にもいるらしいので機会があれば追加していきたい。